忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2017'12.17.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'08.07.Tue
level.1

今日は…。
最後の早番出勤だった。

でも。
オバチャンに「最後だったね…」と言われるまで気づかなかった。言われて初めて気づいた。

「ああ…。『最後』だったんだ…」


いつもいつも。
この早番の日は、本当に辛くて、いつもギリギリだった。通常出勤より駆け込む感じだ。誰もまだ来ていないのに1人、息を切らして駆け込む…バカ。

それなのに今日は。
死ぬほど眠かったけど、でも余裕を持って、いつも目標にしている電車に乗り、思う存分満足して早番を遂行することが出来た。

今度もちゃんとしよう。そう思った矢先だった。

「最後…だったね」


本能的に。
何かしら感じていたのだろうか…?

いつもいつも。
気を張り詰めた環境下にいると、本能的な「直感」みたいなものが知らず知らずのうちに研ぎ澄まされている。

何かが可笑しい…。
いつも通り、何の変哲もなく見えるものにも、何かしら引っかかり、そして注意深く追及すれば…やはり、思ったとおり。
そのままではマズかったってなことが、良くよく考えれば結構ある。

今回の早番の件は少々上記のこととはズレているけれど、でも似たようなものかも知れないと思った。

最後くらい、ちゃんとしよう。

そう、頭で考える前に、直感で動いたのだ。


元来。
大雑把で、無鉄砲で…。何も考えずに飛び込んでしまう、そんなふざけた人間だが、この職場で1分1秒たりとも気を抜けない状態に何年も居たお陰で、少々、動物的な「直感」が研がれたようだ。

単なるただの「慣れ」って言うのもあるかも知れないけど、でも何度も何度も「経験」をして、そしてそれは研ぎ澄まされていくものなのかも知れないとも思う。

何度も何度も…死闘を経験したからこそ、ナマケモノのようなドン臭い私にも身に付いた「直感」

決して好きではなかったし、ただ「辛い」ってな感情しかなかったけど…。でも…感謝している。
どんなことも…無駄なことなんてないのだと思った。

これから先。
私の「直感」では、私はもっと過酷で、窮地な場面に立たされることが多いと思う。
まぁ…。今現在進行形でそうでもあるが…。

でもそれで良いとも「直感」は言っている。

この。
最後の早番を自分なりに満足して全うできた私は、もっともっと…きっときっと…。

頭でグダグダ考え悩む前に、自分にとって正しいと思える判断をちゃんと下すことが出来ると思うから。

いつもいつも。
ノンビリぐーたらに、ぼんやり半分寝ぼけたように生きてきたくせに、どうしてうまくいかないんだろう…!?そんなことばかり思って嘆いていたけれど、

でもこれからは。

しっかり前を見つめて…。未来を見つめて、足元も見つめて。
自分も見つめて。
ゆっくりで良いからちゃんと見つめて。

心の声に耳を傾けて、体で感じて…。
焦らないくて良いからちゃんと受け止めて。


そうしてまた、歩いてゆこう。そう思う。

そうすれば、
もう少しはマシな人間になって、そして自分も好きになれるんじゃないかと思う。

そう思うこの「直感」は、この「cesta」でもきっと役に立つ。

これもまた「直感」だけど。






※明日すること。

□明日こそ!郵便局に行く(向かおうとしたら、閉まっている時間だった…)
□チェコのKさんに確認メールをすること。
□航空チケットのSさんにメールをすること。
□カナダのプリンスエドワード島のパンフレットを探してみる。
□ユーロと、アメリカドルついでにカナダドルのチェック。
□英語のお勉強。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [2
«  BackHOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]