忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2018'07.21.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'12.31.Thu

level.49


信じてみることにする



もう何年も前から愛読している「365日のスプーン」の12月31日の言葉です。
去年も書いたような気がするけど、好きな言葉なのだから構わない。きっと来年も書くと思う…。


「何を」信じてみることにするのかは人それぞれだと思います。
おそらく去年の私と今の私も違うものを信じてみようとしているかも知れません。

人は絶えず変化していくもので、それは自分自身から願って変わってくこともあれば、自分を取り囲む環境や人々によって気付かないうちに変わっていくこともある。

だから。
時折自分を見失って不安になったりすることもあるけれど、でも、

信じてみることにする。



変わらないものもあるのだから。

ずっとずっと前から…そして今年1年も。
温かくステキな笑顔で見守って来てくれた大切な友人、そして家族に心より感謝しております。

今年のテーマだった「向き合うということ」
これも中々難しくて中途半端になって悩んだり苦しんだりしたことも沢山あったし、その分沢山泣いたりもしたけれど、

迷ったり苦しんだりそして泣いたりするのが私なんだと言う事に気付きました。

自分と向き合うと言うこと。自分を信じてみるということ。
大切な人と向き合うと言うこと。大切な人を信じてみるということ。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。


2009年12月31日。皆様にとって今年最後の1日が、そして新たな年も…

シャンティでステキな日々でありますように☆
PR
2009'12.30.Wed


level.49

勿論、私が撮った写真ではありません。今宵の月はこんな感じだとお知らせしたかっただけです。

こんばんわ、スナです。何故かしら…職場の私がいる部署のみインフルさんが猛威を振るっている今日この頃、皆様お元気ですか?

ハヤシライス先輩なんて、2回目だからね。インフルエンザ。どうやったらワンシーズンに2回も戦うことになるのか反対に聞きたいくらいです。可哀相です、マジで。

他の部署や、私が元いた部署の方々は、いつも通りなのに、本当に何故に!?

いつもの半分以下のメンバーで繁忙期の激務のこの現場を捌かないとならないんだからね。

つうか、世間一般は既に仕事納めに突入しているってのに、自分は何をやってんだってな話ですけども。

逆にインフルさんと手を繋いで寝ている方が絶対的に正解だと思う。

そんな、激務でひねくれている私でありますが、凄い元気です。ウィルスだらけのこの現場で、何1つ体調に変化がないからこそ、ひねくれてしまっているんですけどね。

私を蝕む挑戦的なウィルスがいたら、その時はもう、この部署どころかこの会社全体…ってか、地球は滅亡してしまうんじゃないかと何気に思ってしまうくらい、元気です。

ただ…
ウィルスには強くても、骨やら筋やらには弱いです。相変わらず左手の腱鞘炎が治らないし、何気にまた耳の下の顎も違和感があります。

今年はホント…アバラにヒビが入ったのから始まってホントに痛い病気ばかりだったなあ…。

腱鞘炎を抑える飲み薬は、真面目にちゃんと飲んではいるのですが、利き手だし、どうしてもPC操作が必要な仕事をやっている、しかも激務となるとちっとも炎症が治まっている気がしないどころか、もう慣れ親しんだロキシニン(痛み止め)がこの先、効かない体になってしまうんじゃないかと言う方が今のところ問題だったりする…。

今年はロキシニンの年だったよ。どんな年だよ。


前置きが長くなってしまいましたが(前置きだった)、今年は天文年でもあったワケで、だからってワケではないけれど、凄いハマッてしまったマンガに「宇宙兄弟」ってのがありまして、最近新巻もでたんですけど、丁度その新巻を読んでテンション上がっていたときに、一通のメールが来ていた。

【お知らせ】お届けします!あなたの名前、暁の金星へ‏

何じゃコレ?…何かのアヤシイダイレクトメール?疑問に思いつつアッサリと開いてみれば、

以前、月周回衛星「かぐや」のメッセージキャンペーンに参加した時に、今後の案内のメール配信を希望するにしていたので、そのメールだったってワケです。
約41万名のうち、メール配信を希望された約3万名への特典のご案内ですって、殆ど皆、配信希望しないにしたのね…。

まぁ、とにかく。一体何かと言えば…
「JAXAで来年度に、金星探査機「あかつき」を打ち上げる予定ですが、これに先立ってまたお名前やメッセージを集め、金星にお届けするキャンペーンを実施しています」
だって。
特に金星には興味は無いけれど、ドリーム的なものやメルヘン的なものは好きなんで、早速申し込みをしますた。

送信した後、以下のようなチケットが貰えます↓



メッセージには文字数の制限があって、どうしても何故かしら英語で添えたかった私は、本当は違う言葉にしようと思ってたのですが、全然足りなくて何か…極端な言葉になってしまいましたが、まぁ良いかと。

「Do or die」

やるかやられるか。だからね。まさに今の私の職場だね。

ってか、私の人生そのものって感じですけど。


またオタク的な話になって恐縮ですが、「宇宙兄弟」が面白いと思うのも、まさに「やるかやらないか」ってな話だからです。

宇宙飛行士なんて、奴隷のような仕事しかしていない私からすれば、本当に全く超越した職業でありますが、その、宇宙への切符を手に入れるために必死になっている登場人物たちは、私の隣でバカ言っているような、そんな有り触れた等身大の人々です。
でもそれぞれがそれぞれに強い意志を持っていて、読んだ後はいつも何かしらモチベーションが上がります。

何巻だったか忘れてしまったけれど、主人公の不器用なムッタが悩んでいるときに、話しかけたシャロンの言葉がとても印象的でした。

「そんなに頭を抱えて悩んでみても日が暮れちゃうわ。頭じゃなくて胸に手を当てて、そして、自分が楽しいと思う方を聞いてみなさい」

どちらが正しいとかじゃなくて、自分が楽しいと思うことを選択する。
今でもこれからも私はこの言葉を私の人生でも実践していこうと思います。


今回の新巻も。
ステキな場面や、印象的な言葉が沢山、散りばめられていて、このマンガを描いている作者も凄いステキな人なんじゃないかと気になる存在でもあります。


マンガなんて…って思う人もいるかも知れませんが、世の中には結構ハッとさせられたり元気を貰ったりするマンガも沢山あるんですよ~。

宇宙兄弟はマジでオススメです。絵も丁寧だし、癖が無いわりに登場人物の個性がシッカリしているので、マンガ初心者にも分かりやすいと思います。

って、マンガ評論家のようになってしまった…何となく恥ずかしいだろ、コレ。


インフルエンザでお休みの人が多いのもあるけれど、今月で退職された方々も私の部署には沢山いて…残った有給休暇を消化するためにも早々と次々にいなくなってしまった寂しさと、大切なかけがえのない、私の家族以上の存在であったキノキノのお引越しなども重なって、元来、本当に寂しがり屋でもあるし、その上、感受性が人並み以上にある私にとって、今月は特に寂しいし、悲しいし、不安だし、切ない…そんな、どうしてもモチベーションが下がり捲くりでどうしても何をするにもやる気が起きず、でも自分自身の引越しなどもあって、立ち止まるどころか全速力で突っ走らないとならなかったワケで、本当にツライ月だったし、この余韻も多分、年を越えて続くのだろうけど、まだ、全然ちゃんと笑える気がしないのだけれど、気付けばポロリと涙が零れてしまってたりもするのだけれど、

それでも、やるしかない。

やるか、それともやらずにやられるか…?


このチケットが金星へ届く頃、堂々と心からの笑顔の自分でいられる為にも、私も自分の選んだ楽しい道を歩もうと思います。

一歩一歩、ユックリと、でも確実に。




[1] [2] [3] [4] [5] [6
 HOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]