忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2017'10.18.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'08.19.Sun

level.1

再び…。
図書館の本の返却日がやってきた。2週間なんて、ホント、あっという間だ。

それでも…。
もう、何度この場所に訪れたことだろう。仕事と勉強と家事と…言い訳だがあらゆることで中々時間が取れず、通った割には大して冊数は読んでいないが、それでも、この私の人生で、こんなにも市民図書館に通ったことは今までなかった。

今は…。
ネットでスグに欲しい情報は何でも入手することが出来るけど、検索音痴の私には、断然本の方が馴染みやすいし、欲しい情報を早くゲットできる。

まぁ…。
そうしてとりあえず、何とかゼロの状態から1くらいの知識にはなったけど、それでもやはり、限界はある。

結局は…。
自分の目で確かめることが1番なのだ。百聞は一見にしかず。

とりあえず、今回で…。
図書館とは暫くサヨナラだ。

気づけばもう…。
8月も終わろうとしている。


今のこの時期こそ、覚悟を決め、心は遥か遠い国々へ…のはずなのだけど…。
この時期に来て…問題が発生している。

それも1番厄介な…。
「家族」との対立。


お盆に帰り、姿を見せたのがいけなかったのか、ここに来て突如、親が反対し出してしまった。
一体ドコまでオマエは無茶をすれば気が済むんだと。

「家族」が1番の理解者であり、その家族との「絆」があるからこそ人は人として成長できるのだと思うのだけど…時にはこの「絆」がとても苦しく重たいものになる。

随分と昔…。
まだまだ幼い子供のころから、親は私の心配ばかりしていた。
いつもボンヤリとして、子供なのに何を考えているのかサッパリ分からないと。
特に母親は極度に心配して私を精神科に連れていったこともある。
こんな子が、ちゃんと社会に適応できるわけがないと、私のレールはその頃既にもう、実は引かれていたのだけど、流石、精神科に連れて行かれるほどのこの子供は、見事に親の引いたレールを飛び出して暴走し出したのだ。

レールから外れて走ること10年以上。
レールを外れただけでなく、今度は崖を飛び越えようとしている。
親にはそんな風に、もう、手のつけられない暴走特急にしか私は映っていないのだ。

今、ここでこれを止めなければもう…後が無い。そんな切羽詰ったような危機感すら感じる。

だから何!?
暴走特急の私からすれば、この一言だけ。

子を持たない私には、親の心など想像は出来ても理解は出来ないのだ。

そして「絆」が鬱陶しいものとなる。
まるで…手錠や足枷の鎖のようだ。

今までこれでも…。
随分と「良い子」だったと思う。

反抗期もなかったし、怒った事も殆ど無い。キレるなんて無駄なエネルギーは使わない。
きちんとそれなりに働いて親には愚痴一つ言わずに生きてきた。

それなのに…どうすれば分かってくれるのだろう。別に暴走特急なんてのじゃないってこと。
どうして夢を追いかけたらいけないのだろう。
一般的常識って何を基準にしているのだろう。

確かに。
今の私には自信なんて1つもない。不安だらけだ。
何故にこんなことをやっているのだろうということばかり、気づいたら考えているときもある。

必死でお金を貯めて…大した食事も取らずに、欲しいものも我慢して…。
これだけお金が貯まれば、もっと違う選択だってあるだろうに…。

一瞬にして私を雁字搦めにした鎖のようなこの「絆」が、今の私を引き止めている。むしろ、後戻りさせようとしている。

立ち止まり、下を向いて考える。

考える。

そして…。

私は顔を上げる。
1歩、踏み出す。

それでも私は行きたいのだ。
何度考えても、結局行き着く結論は…ただそれだけ。

行かないとドコにも行けない。
他の選択肢なんてない。
私のレールはこれだけだ。

1番、私の背中を押して欲しい人が、私を鎖で繋ぎとめようと必死になっている今の現状が、本当に辛いけど…。
それでも何とか分かって欲しい。
結局は、私の1番の理解者はあなたたちなのだと信じているから。だから私のことも信じて欲しい。

いつもいつも。
繋ぎとめようと必死だったね。でも天邪鬼の私は、いつもいつもそれを振り切ろうと必死だった。
どうしてこんなことになってしまったのだろう。

自分の思うとおりに、すべきことを、したい通りにする。
ただそれだけなんです。

「家族」と言うものは、
なんと凄まじい「絆」なのだろう。

普段は…
まるで空気のように当たり前の存在なのだけど、でもそんな風に思えることは、どれだけ凄いことなのかと言う事を、ほとほと身に染みた。

私がいてもいなくても…。

そんな風に思うことが時折ある。でもそうじゃないのだ。私の命は私だけのものではない。

元気な姿でちゃんと帰って来たその時は…。
家族も納得するのだろうけど、でも…。
そうじゃなくて、元気に送り出して欲しいのだ。

いつかは勿論、私も家族を持ちたいと思っている。必死に守りたい命をこの手で育てたいとは思っている。
そんな私の気持ちを裏切るような行為をされたら…やはり悲しいのだろうか…?

でも私は。
鳥かごの中の飛べない鳥や、井戸の中の蛙のような、そんなちっぽけな目線でしか物事を判断できないような人間には育てたくないと思う。

どんどん勝手に飛び出していって欲しい。
つうか…。たぶん私もどんどん勝手に飛び出してしまうだろうけど。

でもそれは今の私にはただの想像でしかない。
親の心、子知らず。なのだ。

グダグダ気持ちばかりが同じところをどうしても回ってしまうのだけど、でも…。
物事はシンプルなのだ。

やるかやらないか!?

そう言われたら…
「やる」としか答えられない。答えたくない。


旅立ちの日までには…
少しでも良いから、分かり合いたいと願う。

この「絆」は、
例え、重たい鎖であっても、それでもやはり、とてもとても大切な鎖なのだから。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶり~
ご無沙汰~
実家で長い非日常、逆にくたびれてるあゆです(笑)

そうねー。
大事な娘だもの、そりゃぁ心配しますよ。

でも、私も親になってみて思う。
大事な娘だからって、大事大事~に囲ったままの子育てはしたくないな、と。
可愛い子には旅をさせろと。

自分から旅に出る勇気を持っているスナちゃんは素敵だよ。かっこいいよ。
私にも海外進出という夢があったけど、結局一歩踏み出す勇気もなく、努力もしなかった。
だからこそ、スナちゃんの夢は気持ちよく実現してほしいと願います。

正直な気持ちをぶつけたら、きっとわかってくれるよ。信は力なり!
あゆ: 2007.08/20(Mon) 07:20 Edit
おお!あゆちゃんへ。
ご無沙汰してます。ゲンキデスカー!?
スナは…最近悶々としております。だらーと生きているだけです…イカンイカン!
親の気持ちが分からない私には、子を持つあゆちゃんの意見がとても力強い支えになりました。ありがとー!!
欲しかった言葉がそこにあったって感じ。
しかも!海外進出って…あ、あんたぁぁぁー!!?
ちょ、今度詳しく教えてYO!
今、実家にいらっしゃるんですね~♪鹿児島の出水デショ!?
今、検討中なんですよ~。9/1~鹿児島に行くんす。ってか、今からメールすっからー!!
2007/08/21(Tue)
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12
«  BackHOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]