忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2019'09.20.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'08.29.Sat

←きらめき団2009spring開催中!!


level.48


8月28日。無事に「第1回チェコアニメ上映会」が開催されますた。

ご関係者の方々、そして、足元の悪い中、お集まり頂いた皆様方、本当に有難うございました!!
そして本当にお疲れさまでした。


やはり…「ママと子のチェコアニメ上映会」ってだけあって、結局は集中して鑑賞ってカタチは微塵もなかったワケですが(あわわ)、でも、

こうして「チェコ」と言う国について少しでも興味を持って頂き、まるで宇宙の彼方のような存在である遠いその国をほんのちょっぴりでも身近に感じ、異国だけどもでもその国も私たちと何も変わらない極フツーの温かい国なんだよと、そしてこうして愛くるしくステキな文化もあるんだよと知って頂くことが出来たこと、本当に嬉しく思い感謝しております。

どうしても。
初対面はニガテで、しかも!まだ一対一のタイマン?ならば何とか出来ても誰とどう話せば良いのか分からない、大勢の方々を目の前にすると、もう人見知りも良いところのダメ人間になってしまうって言う私の悪い部分が出てしまい、そこんところは反省すべき点ですけども、それでも以前よりはかなり素で色んな方々とお話が出来たのは良かったなあと…。

まぁ。
今回「主催者」の1人でもあり、自分のモトになっている部分についての集まりでもあったワケだから、こちらからアタフタ話しかけなくても自然と色々聞いてくださったって言う事に救われたって部分がかなりあった…と言うダケなのだけども、でも、

本当にやって良かった。心からそう思う。

仕事と、こういったプライベートの掛け持ちは。
本当にきつい割に、地味で誰も何も知らない部分だからぶっちゃけ嫌になります。

でもせめて何かしら楽しんで欲しい!と言う思いはあるから、大したことではなかったけれど、チラシの作成や、そして会場を華やかにする生け花を久々生けたことは、ぶっちゃけ面倒だったし、きっと「なくても良いこと」なんだとも思ったけれど、それでもやっぱり、

当日を楽しんでくれた方々の表情をみて、頑張って良かったなあ…と。


前夜。
ちょうど職場の呑み会と重なってしまい、花については本当に迷いました。

生花を私は使うので、そんなに早く仕入れることは出来ないし…。

メガネに相談して私は呑み会のメンバーには数に入れて貰わず、仕事が終われば走って花屋に直行。

店終い寸前に飛び込み、その場にあった少ない花を見ながら頭でどうにかイメージし、何とか仕入れ完了。

簡易で包んで貰った大きな花束を抱え、電車に飛び乗り、家で水揚げ作業をし、それが終われば再び電車に飛び乗り、駅に着くなり走りながらメガネに電話。

呑み会も終わり寸前に滑り込み~ってな過酷な状況を何とかクリア。

別部署に異動になったけど参加していたカレーライスさんと、そしてメガネと三人で呑みなおし、夜中に帰宅。

朝の6時に起床し、花を生けて会場へ。

誰にも何も言わなかったけど、結構…ぶっちゃけ、きつかった…。

でも。
職場のメガネやカレーライスさんから「準備は終わった?」と言われれば「余裕」と答え、

当日会場では「誰でも簡単に生けられますよ。大したことないですよ~」と笑顔で接した自分が、

嫌いではない。


最近。
謎の病気に侵され、顎が痛くて食事がままならず、常に腹ペコの状態で、それでもイライラしてたし、痛みも必死に所要量を超えて飲んで何とか誤魔化しやってきたという、本当に辛くて長い一週間だった。

だから益々。
自分も責めるし、そして余裕がないからちょっとしたことで落ち込んだりイライラしたりして周りの人々にも随分と迷惑をかけてしまっていた。

こんなんじゃダメだ!と言い聞かせるけど、頑張れば頑張る分、自分を追い詰め、そして何もかもが嫌なことばかりに思えてくる。

被害妄想や自己嫌悪、そしてネガティブ極まりない最悪な「負の無限ループ」に私はスッポリとはまってしまっていた。


そんな中。
今日参加してくれた方の1人に、友人のヨガの先生がいらっしゃり、その方はカードでその人の悩みや不安をアドバイスしてくれるってなこともしていて、普段の私ならば頼まないけども、何故か凄く引っ掛かり、思い切って依頼した。

まぁ、内容は「今年インドに行ってもOKなのか?」ってな依頼でしたが、それよりも、その結論に至るまでのこれまでの私の状況や心境を解きほぐし、そして未来に繋げて結論を言ってくれたと言うそのことに対してが、本当に今、私が求めていることであったので、本当に本当に救われました。

過去も未来も大事。だけど何より「今」が大事。


感受性が激しい私は、どうそれと上手く向き合い、そしてどうすればそれを良い方向に活かせることが出来るのか…?

そりゃ現実はやっぱり容赦なくて、弱い私はすぐにまたのまれてしまうかも知れない。

でも今年の目標でもある「向き合う」と言うこと。これだけしっかり忘れずにいれば必ず道は開けるのだと言うこと。

自分と向き合い、自分を受け入れる。
今の私に一番必要なことで、一番の課題。


気付けば…
謎の「顎痛」もかなり緩和されていた。恐らく、自分からの警告サインだったんだろうなあと…。




昨夜。
ずっとずっと自分が不安に思っていることの1つを、メガネ上司にメールで打ち明けた。

それは私自身で解決するべきことであり、それを相談されたからと言ってメガネは何も出来ないことだった。

だから言わなくても良いことってかむしろ言わない方が良いことだったのだけど、でも、

私が異常なほどまで、必死に職場の呑み会に参加をしようとした理由にもかかわることだったので伝えてみようと思った。

夜中まで呑んで、そして休みだった今日。
寝ることが生きがいでもあるような彼にとって、きっと昼過ぎまで寝ているだろうと思ってたし、返事も期待なんて1つもしていなかったのだけど、結構早い午前中に返事があった。恐らく、起きてスグに読んで返事を打ったのだろうと思う。

「スナさんがそんな風に思っていることがあったなんて知らなくて、本当にすみません」

謝る必要なんて1つもないのに、丁寧に長いメールを返してくれた。

まだ上映会真っ最中にそのメールに気付いたので返事はだいぶ遅くなってしまったのだけど、でも、先生の「人生相談」的な占いの後だったので、素直に返事を返すことが出来、良かったと思う。


「向き合う」と言う大きなテーマに順ずる、「知ると言うこと」そして「伝えると言うこと」及び「受け入れると言うこと」


いつもは。
本当に生意気なことばかり言って、「俺は悪魔の化身か!?」とまで彼に言わせてしまっていたけれど、でも本当は、

私はいつもいつも彼にただ甘えているだけで、でもそれが恥ずかしくて上手に感謝の気持ちを表現出来ないだけだった。

どんだけ仮面を被っているんだ!?とメガネに対して思っていたけれど、でも実は、

一番仮面を被っているのは、この私だった。


優しい、相手を思いやる繊細な返信メール内容に、つくづく自分が情けなくなったけれど、でも普段ならば誤魔化して悪態の一つでもついたけど、

「いつも助けてくれて有難う」

そう素直に返事が出来たその瞬間、ようやくこの数週間ずっともがいて苦しんでいた「負の無限ループ」を抜けた。



私にはまだまだやるべき沢山のステキなことがある。

明日からも頑張んべ!





PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530
«  BackHOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]