忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2019'09.20.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'12.23.Sun


level.41

文才も絵心もナッシング★スナです。どうも、コンバンワ。
えーと、今日は何日だ!?

とにかく。
そろそろクリスマスやなかかね~てなアバウトな感じで思い出し、全くクリスマスらしくない絵で無理矢理クリスマス。
(※本当はコレ、先ほど星の王子様読んで、何気に書いていた絵なんですけど、何でも良いや)

思い出した時にやれることをやっておけ!がマイペースB型の特徴の一つナリ。


…自分が良く分かりません。



19日に発売されたBUMPの、にゅーあるばむを延々聞きながらエコについてお勉強中です。

ホント、自分の頭の繋がりが分かりません。


今日は冬至で、「キャンドルナイトをしよう」とか何とかチラリと聞いたのですけど、猫が突如走り回る我が家では、キャンドルもアロマもあったもんじゃあ、ないです。

お線香とお香くらいならギリでOK(何か違うなあ~)

でもあと50年くらいで人類滅亡とか何とかもチラリ聞いたので、一人でも多くの人にキャンドルナイトはして欲しいと心底思います。

出来ない私も、毎晩電球1つで過ごしてます(単に電気代節約)
本を読む時は蛍光灯付けますが、その他は机上にある電球1つとパソの灯りだけ…。

何か、悲しい人みたい…。
でも意外にリラックス出来るんですよ。


中高校生の時は、部活動で真っ暗な中、フツーに歩いて帰宅していたのに、いつの間にか地元の夜は怖くて歩けなくなってしまいました。別に治安の問題とかじゃなくて、単に「鳥目」が進行してしまって足元が見えずに怖いっつうだけです。


チェコのプラハで、
夜、物凄く早く宿に帰っていたのも、勿論、一人歩きが怖かったとかじゃなくて(だってベルリンではフツーに夜も出歩いていた)、

暗かったからです。

薄っすらとライトアップされた建造物と、ポツリポツリあるだけの街灯は、鳥目の私にはかなりヤバかった…。


些細なことですが、こんなにも変化してしまった自分にちょっとビックリしたりもします。


コンビニや自販機、駅やバス停…街灯の貴重さも忘れてしまうほど、それらの灯りが家までの道を照らし続けるのが当たり前。そんな自分にビックリですよって言いたいんですよ、この人は。


電気だけでなく。

洗い物とかしながら「この先ってどうなってんのかな?」なんて思ったりもします。

勿論、小学生の頃社会科見学で下水道処理場などに行ったのでシステムは分かってるんだけど、でも具体的にどんなエネルギーがどのくらいの量で処理をしているのか?とか、本当にゴクゴク飲んでもOKな水になってんのか?とか思ふ。

秋に実家に帰ったとき、山へ水汲みに行ったのですが(我が家の父の役目ってか、何か…ジーサンは山へ芝刈りに…みたいな感じだな)、

その時、私はミネラルウォーターを持参して飲んでいたんですけど、汲んだ水を何気に飲んだら電気が走るみたいな美味しさで、持っていたミネラルウォーターをジャバジャバ捨てて、そのペットボトルにも水、汲みましたからね。

水道水をそのまま飲むのも抵抗あるし、実際、シャワーを浴びているときも何かヘンな匂いしたりもしてるんだけど、

このビンボー人間が、お金出して買ったミネラルウォーターを捨ててまで飲みたくなったのが、どこぞの山の水(勿論無料)ってのにビックリですな。


こりゃ…50年後は人類滅亡って言っても笑えないな。洒落でも何でもないよ。


なんて。

ちょっとマジメに(どこが!?)環境について語ってみましたが、今日はそれよりも、BUMPのニューアルバムのこと書きたかったんだけどー!!!?


あるネット上で、
「今回のアルバムは、初期のようなロックな感じが全く無くて何だかちょっと物足りなかった」
みたなことを読んだのですけど、その気持ちスッゴク分かるYO!!

勿論、今回のアルバムも申し分ナシでこうして延々聴いている状態だけども、

ま、

こうして落ち着いて丸くなっていくのが人間の心理ってもんよ。(何様!?)


初めて好きになったユニコーンも解散間際は全く違うバンドみたいになってたしね。

って別にBUMPが解散するんじゃ…とか全く思ってません。ただ歳を重ねてくると人は色々変わるってことなんじゃないかなあと…。

前回から3年以上も経って出た今回のアルバム「orbital period」
名前からして、過去、今、そして未来のその「周期」と言うか「輪廻」と言うか…を彼らも何かしら訴えているんじゃなかろうか…。

最初と最後の曲にも、分厚い歌詞カードの「星の鳥」の内容も、同じようなメッセージのような気がする。


批評家!?


個人的には、どの曲も好きですが…ボーナストラックの4人の雑談ってか曲作りってか何か良く分からないヤツが、ものっそツボだったりします。

ドリームとクリームって…。

ワンダーセブンとかセブンクエスチョンとか…ってか、いちいちクエスチョンズって訂正しなくて良いと思うんですけど…。


是非、聴いてみてください(ちっとも聴きたいって思わない紹介になっちゃった…何で!?)






PR
2007'12.22.Sat


level.41

大人ですから、

めちゃめちゃイヤなことがあったり、めちゃめちゃ不愉快なことがあったり、めちゃめちゃ不安になったり、そんなことが沢山あってそれで、

何だか疑い深くなったり、信じられなくなったり、でもああ、こんなもんだよな…なんて納得ってか諦めみたいな感じになったりする時がある。

それは、疲れているって言う状態であり、現に未だ風邪がなおらないし咳がでます。


でも。

夜、真っ暗な中で寝ている時は止まらない咳が、
あなたと会って大声で笑っている時はピタリと止まっているのはなんでかな。


自分で自分の人生をやっていかないといけないのは分かっているし、実際そうやって必死にやってるつもりだ。

泣き言はなるべく言いたくないし、聞いてもらってもあなたを困らせるだけだと言うことも分かっている。

長年。
付き合いが深くなると分からなくて良い先の先まで読めてしまうのが困る。

だから。
私はあなたと、とてつもなく下らない話をしたいと思うのです。

そりゃあ。
お互いのそれぞれのことや、これからのこと、それぞれを取りまく友人のことや、家族のこと、そんなことだって、もっともっとあなたと大切な関係でいたいと思うからとても大事なことであるけれど、

疲れてるんですよ、私。



今日は、どーでも良いこと、話しませんか?



筋肉マンの中で誰が好きだったとか、ドラゴンボールのアニメは、いつ見ても戦闘シーンで、つまらなくてちょっと数週間見なかったらそんな時に限って物凄く話が展開しててムカついたとか、

ガリガリくんとブラックモンブランならどっちが好きかとか、ミートソースは缶詰でしか存在しないと思ってたとか、うちのカレーは牛じゃなくて鶏だとか、

昔、デパートとかに、ゆーくり回る大きなお菓子袋詰めのマシーンがあったよねとか、それを反対周りにしようとしたことがあるとか、


そんな、どーでも良い話がしたい時がある。



大人なんで。
何でも分かってます。ちゃんとマニュアルここに持ってます。

だから励ましてもらったり、慰めてあげたり、アドバイス言いあったり、そんなことは、
先に述べた「どーでも良いこと」以上にどーでも良いことだったりします。

疲れてもいるんで。そんなパワーないし。駄目な大人だからそんな時があるんですよ。



世の中のこと…
眼に映るもの全てをそのまま吸収し、そして心を、体を感じたまま動かしていたあの頃の自分に戻って笑ってれば、いつの間にか、

また一歩を踏み出せてたりするんです。大人なんで。そんなもんだったりします。

あなたとは、そんな関係でいたいと思うのはエゴですか?


大人になってしまった今、本当は、こんなこと話してるのって可笑しいと思うけど、生産的で前向きなこととか…例えば、温暖化がどーのこーの、政治が、経済がどーの…そんなことをちゃんと話せなくちゃいけないのかも知れないけど、

何も言わなくても、私が今、「疲れている」状態であることを察し、そして付き合ってくれるあなたとは、時にはそんな時間が欲しくなってしまうのはエゴですか?

なんだかうまく言えなくてごめんね。



※追伸。
地べたに這うくらい、低い姿勢にならなくちゃ見れない世界の写真を撮るのが好きです。
きっと、あなたも気に入ってくれると思います。








 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
«  BackHOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]