忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2019'09.20.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'12.28.Mon


level.49

ずっとずっと…
何かしらの縁でいつも傍に居てくれたキノキノがついに、遠く離れた街へ引越してゆきました。

ずっとずっと…
もう何年も前からこうして離れ離れになることは分かっていたし、だからそれなりに覚悟もしていたハズなのだけど、

でも、頭ではちゃんと分かっていても心が追いついてくれません。
元来、ノンビリ屋でマイペースの私の心が分かってくれません。

母からも相変わらず電話が多く「早く荷解きしなさいよ」「早く落ち着く部屋にしなさいよ」と言われ続けても、まぁ、ボチボチやるさねと暖かくなって来てから動き出すんじゃないかと言うくらい、生活水準に対してもノンビリ屋の私にとって、今年の下半期はあまりにも色んな事がいっぺんに有り過ぎて…未だに現実をちゃんと受け入れきれていない、まるで夢の中のような、水の中のような…そんな日々を送っています。

それでも周りは待ってはくれなくて、仕事は相変わらず息つく暇も無いくらい容赦なく忙しく、フリーパスのYOGAも年末年始のお休みに最近気付いて、何気に後1回くらいは行かないと勿体無いことになってしまう状態だし、洗濯物は山積みで、金は無いから外食もままならず、バタバタとキッチンを掃除したりキッチン用品を揃えたり…。

インターネットの開通工事やら、注文していた大物の配達受け取りやら、電気やガスやらの支払いの手続き…そういや、住民票やらの変更もまだやっていない…会社にも引越ししたこと、言っていない…。

何が何だかもう、本当にワケが分からなくなって、精神的にも肉体的にも限界だったこの週末、運良く週休だったワケでようやくホッと一息つき、元来のマイペースな自分で過ごすことが出来たワケです。

でも。
そうしてノンビリいつもの自分をやっていると、ぼんやり、キノキノといた時間を思い出してしまい、何だか…ポッカリと心に穴が開いている気がして物凄く不安になってしまった。

ようやく自分自身も。
慣れ親しみ眼を閉じていても歩けるくらいの街からこの街に引越しをしたんだと認識出来たのもあり、改めてこの新居を見渡したり、屋上に登って景色を見渡したりすると、何だか全然知らない場所にポツンと1人、居るような気がして自然と涙がポロリ零れてしまったり…。

「ちわーす」
そんな時に限って他の住民(カメラヤロー)がフラリ屋上にやって来たりするもんだから、慌てて涙を拭い、仏頂面で「ちわ…」と答えてアタフタと去っていく私を、このチンチクリンのカリメロは…と言う目でカメラヤローに見られたすると、益々フニュウ~と不安になってしまったり…。

何をやってんだろう、私は…こんなところで。

2階のお店のオニーサンから聞いた、激安スーパーで大量に食材を買って、フラフラとチャリを漕ぎながらそんな思いが駆け巡ったりもしたけれど、だからと言ってどこにも行くことは出来ない。

今の私が生きる場所は、ココしかない。

2つの重たい買い物袋を玄関口にドサリと置くとカメラを掴んで、もう一度、屋上へ駆け上がった。

冬至は過ぎたと言っても、冬の夕方は暮れるのが早いし、夜から雨になると言う天気予報に加えて、この街は以前、私が住んでいた街よりもとてもとても古い街で、街自体の夜も早い。

それでも私は、久々、本当に久しぶりにカメラを構え、まだ腱鞘炎が治らない指でカシャリとシャッターを押した。

今日はその渾身の一枚です。


「良いカメラ、持ってんですね」
不意に声が聞こえ、思わず振り向くと、カメラヤローが屋上の入り口に立っていた。

「良いのかどうかすらも良く分からないほど、カメラには興味ないんですけど、写真を撮るのが凄く好きなんです」
私のナゾナゾのような返答に、困った顔をしたけど近寄ってきて手を出すので思わず持っていたそのニコンの一眼レフを差し出せば、慣れた手つきで構えて言った。

「写真、好きなんですか?」

「ええ、ヘタクソですけど…」

「撮っても良いですか?」
カメラヤローは構えたままそう言うので、別に拒否する理由も無かったのでコクリ頷けば、カシャカシャと何枚か勝手に撮っていた。その姿をぼんやり見ていると、不意に私にレンズを向け、カシャリとシャッターを押すので、ビックリしていると、

「俺、人物専門なんす。笑ってくださいよ」
まだレンズを向けたままそう言ったけど、

「ごめんなさい、まだ今は笑えません。カメラのことは分からないけど、自分のカメラにウソの写真を残すことは出来ません」
私の返答に手を下ろし、不思議そうな顔で私を見ていたけれど、

「さっき、ここで泣いていたでしょう?」
不意にそう言われ、また口をへの字に曲げた私に、

「あの不動産、フレンドリーで良いんだけど、結構お喋りだよね~。こんなビルに越してきた女の子が自分の部屋の下にいるよって教えて貰っていて、どんな人なんだろうって気になっていたんだけど、ワケ分かんない果物をイキナリ持って来るわ、こんな寒い日に屋上に突っ立っているわ、そうかと思えばバタバタとまた戻って来て写真撮っているわ…ほぼ初対面の人間が向けたカメラに愛想笑いの1つすら拒否するわ…。ま、こんな所に越してくる人たちなんて、尋常じゃないってのがフツー何だろうけど」

「ヘンタイですみません…」
謝りながらも仏頂面の私に、またカメラのレンズを向けた。

「俺、街中で女の子の写真を良く撮ってんですけど、大抵の女の子がワケ話してレンズ向けるとそれなりにテンション上げてポーズ取ってくれたりするんだけど、こんなにただ突っ立って、しかも酷い顔した女の子の写真撮るのも面白いかも~」

「写真撮るのは好きですけど、撮られるのはニガテでもあるんです。そろそろ返してくれません?」

確かに、こんなイカレた古いビルをワザワザ選んで住み着く人間なんてイカレた尋常でない人間ばかりだなと、その点では同意しながらも、折角、何とかモチベーション上げて頑張って行こう!と思ったその瞬間の空の写真を収めたかっただけなのに、何故ゆえにこの疲れ果てて酷い状態の私の姿を私のカメラに残されないとならんのか!?と…。プロが撮ってくれたとは言え、撮られたくないものは撮られたくない。

奪い取るようにカメラを引っ掴むと、流石に気まずい表情をしたので、

「昨日、とてもツライ別れをして、そして今日、その別れをジワジワと実感してきて、何だかめっさ、不安だったんです」
そうボソボソと言った私に、

「良かったら俺の写真、見てくれません?」
少しホッとした顔でカメラヤローは言った。

毎晩のようにドタンバタン、ガシャーン、そしてズゴゴゴーギュイーンと何をやってんだ?!と思っていたその現場は、初めてみる写真の現像場?で、凄いなと素で思った。

そして本当に可愛らしくステキな女の子ばかりの写真ばかりで、こんな写真を見せられても何も感想言えないな…ヘタに可愛いね、この子とか言うのも何か可笑しくね?と思って無言の私に、

「笑えるときで良いからまた屋上で写真撮らせてくださいよ」

そう言いながら差し出した洋ナシは、紛れも無く私の引越しご挨拶の時のモノだった。

「…せめて皮むいてくれませんか?」



高校に入学してから出会ったあの時から。
必ず別れが来ることはバカな私でもちゃんと分かっていたし、今日までだって沢山の色んな別れを経験してきた。

それでも。
今回のキノキノとの別れは今までのモノとは全く違っていて、だからどう受け止めれば良いのか分からず、そしてこんな無防備な私はちゃんとこれからも私として生きて行けるのか?と不安でたまらなかったのだけど、

でも、生きていれば、別れもあってそして、出会いもある。


包丁がなく、何だかアヤシイナイフで意外にも手際良く丸ごと皮を剥かれた洋ナシを再度手づかみで受け取り、ムッシャムッシャと食べながらキョロキョロと作業場を見ている私を、

「やっぱ、このビルを選んだ人間はハンパねぇな…」

ボソリそう言ったカメラヤローに対して、オマエもな。そう横目で見ながら思った私は、ちょっとだけ、元気になれた気がします。


明日からも頑張んべ!


※ようやく我が家にネットが繋がりました。ケータイからだとコメントお返事操作がカナリややこしくて中々返せておらず本当に申し訳ございません。
こんなチンチクリンブログにコメントを頂けるなんて先ほど確認してぶっちゃけビビっております…あばばー!
本当にありがとうございます!
そう言いつつ…お返事は明日必ず!!ハイ!!


明日も皆様にとってシャンティな1日でありますように☆





PR
2009'12.22.Tue
level.49


ようやく。
寒さもちょっぴり和らいで来た週初め。皆さま、いかがお過ごしでせうか…?

冬将軍もこのまま私をそっとしておいて欲しいとは思うのだけど、温暖化が深刻なさなか、彼の存在も中々邪険には出来ない訳で、どうにか仲良く楽しくお付き合いをしていく対策を立てるのが最善です。


その手始めとして…
母がやって来ますた。スナ母です。

部屋を決めた直後にホント、タイミング良く母から連絡があり、単に遊びにふらりとやって来たのですが、私の引越しの話を聞いてブルーになって帰っていった(引越しの話は勿論、既に前の部屋を出て友達ん家にいることすら話してなかった…)以来の到来です。


引越しの時も。
「手伝いに行こうか?!」としつこかったし、その後も「どうね!?」と何度も電話が掛かって来ていたので、そんなに気になるなら一度来て下さいよと…。


好き勝手し放題で、それも人並み外れた突拍子もない、そして行き当たりばったりの無鉄砲な私ですが、こんなチンチクリンに育ってしまったのも全て、何やかんや言いながらも私のワガママを全てを受け入れてくれて来てくれた家族のお陰であり、いつもは必死にそれなりに気を張って何とかどうにか乗り気って生きている自分が、家族に会うと、ただの甘えん坊の寂しがり屋のダメ人間になってしまう。


だからホントは今は会いたくないってのが本音ではありましたが、そうは言っても先立つモノも工事費用で底をつき、その折角のステキハウスがブリザードハウスであるのはやはりブルーではあったし、口では大丈夫大丈夫と聞かされても自分で見ないと気が収まらない母とのそんな合意で本日再来と言う訳です。


世の中。
PriceLessのモノが沢山あることも重々知ってはおりますが、その分、お金で解決するモノもあることを痛い程知っています。

だから。
今日母が来てくれてホントは本気で助かりました。

一人暮らし歴が大ベテランの部類に入る私は、料理はとんとダメですが、家計管理はそこいらの独身OLは勿論、主婦よりシビアでシッカリしていると自信を持って言えるし、インド費用も考慮していたのでそれなりの蓄えはあったのですが、一括払いをしないとならん今回の部屋改造計画初期費用がマジでギリだったので…。

引越しと言うものは。
引っ越す時は良いんです。捨てるのは簡単。
でも、引越した後がホント大変。しかも今回のようにマイナススタートの引越し先は住み出して初めて気付くことも多々あって…。

狭苦しい元アジトでは邪魔でしかなかったコタツ布団。これをメインに色々と買い物をしますた。

使っていたテーブルはコタツ兼用であったのがホント良かった…っ。

コタツ最高。


前のマンションでは小さいながらも電気コンロ付きキッチンでしたが、この家はガス漏れしていたガスコンロ置場しかない。

料理はあまり好きではないし、今でも火が怖いので小さな電気コンロを買って貰いましたが、今時のコンロはIHなのですな。それに合わせてケトルと鍋も買う羽目になってしまった…。
母は。
火が怖いと言っても、電気も気をつけないと火事は起こるのよと当たり前のことを心配してましたが、使った後はコンセントから引き抜く私は出掛ける時はブレーカーすらも落としかねないイキオイなので(落としても良いけど流石に冷蔵庫が…ね)その点はご心配なく。

何度も何度も…コンセントと言うコンセントをチェックし回って家を出る自分にツクヅク嫌気がさすくらいなのです。

古いよ、廃墟だよ、工事が入ってんだよと前情報は吹き込んであったので、そこまで母も驚きはしなかったし、ペンキやペンキまみれの大きな脚立やら養生された柱などを見ても、そして黄緑の天井を見ても何も言わなかった母は、私の母だなと…。


とりいそぎ。
コタツ布団をかけ、潜り込み母は、
このコタツ布団のカバーも作れば?
と、私が作ったカーテンを見ながら言った。
そーゆーとこも、私の母だなと。


家計にシビアな私でもどうしても捻り出せず、来月はマジヤバだな。当分、昼は握り飯だな、でもこの食いしん坊の体が言うことを聞いてくれるのか?!と飢えとの戦いに怯えていた私の心を当たり前に見透かして無言で欲しかった金額の現金を差し出した母は、ホントにホントーにっ
私の母だなと頭が上がりません。

勿論!
ちゃんと今日使わせてしまった金額分も一緒に返しますよ、分割だけど。


今まで生きて来て。
一度足りとも親にお金を借りたことはなかった。勿論、友達にも。あ、ポーランドで一文無しになった時は、ユキンコをはじめ、沢山の方々に迷惑を掛けてしまいましたが…。


まぁとにかく。
金を借りると言うことをその時以外、したことがなかった訳で、今回、ハッキリした欲しい金額が分かっていたけどそれでも何と言えば良いのか分からなくて、いざと言う時は持っているカード会社のキャッシュでも使おうと思っていたのだけど、

何も言わなくても何でもお見通しよ。

本能的に極自然にさらりと差し出した母はホント凄いなと。

これが母親と言うものなんだなと…。


私もいつか。
こんな風な母親になる日が来れるのかな。

子供は欲しいけど、それは、
「アンタを産んだのは、私が死んだ後、その遺骨をガンガーに流して貰う為なんだよ」
と言い聞かせて育てようと本気で思っている私に子が授かる日がやってくるのだろうか…?

その前にこんなチンチクリンを嫁に貰ってくれる奇特な人がいるのだろうか…?

何だか悲しくなって来たのでこのへんで。


あ、本日の写真はうちの顔である我が家の玄関です。言わずもがな。

古いビルの上に、まだ照明に迷っていて玄関&キッチンスペースの明かりがありません。
帰って来て部屋まで真っ暗なのは流石の私もテンション下がり捲くるので簡易でライトを付けて見たのですが、意外にも便利。
フツーのマンションならば玄関横にスイッチがある、または何かに反応して勝手に明かりが点くってな機能がありますが、この部屋にはそんなスイッチがどこにもありません。
これも住み出して初めて気付いたことの一つ。
とにかく壁にスイッチがない。
昔ながらの、照明の紐を引っ張って付けるってのが当たり前の作りとなっとりやす。それか裸電球のソケットでカチッとってな…ね。
凄いな。

まぁどうであれ、ホントに時代を逆流しているレトロ構造の「箱」と、そして冬将軍と戦うってか、むしろ仲良く協定同盟を結んで楽しみながら生きているSurvivalでFantasticな日々です。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
«  BackHOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]