忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2019'09.20.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'08.24.Mon

←きらめき団2009spring開催中!!


level.48


この週末…
実家に帰って温泉にドップリ浸かっておりますた。

まるで、私の体と心の傷みきって部分をシュワシュワと浄化し、そして正常に復元してくれたと感じるほど、今回の帰省は私にとってなくてはならないものだったとほとほと実感しております。

温泉最高。


こんばんわ、スナです。だいぶ朝夕、涼しくなって参りました今日この頃、皆様いかがお過ごしでせうか…?元気でやってる?


実家のある温泉王国の夢の国と、この狭苦しいアジトのある現実世界を行き来してもう何年にもなりますが、帰省がこんなにも回復に威力があるってことを実感したのは、今回が初めてです。

誤解のないように先に申し上げますが、私はこの、私の戦うべき場所である現実世界を決して嫌いってなワケではありません。この世界でも私は私として必死に生きており、そんな自分が嫌いではなく、むしろ誇りに思っている。

両方の場所があるからこそ、私は私として生きていけている気がします。


でも今回ばかりは…
ホントにつくづく疲れ果て傷つきボロボロになってしまっていたなと…。

幼馴染みに、私の成分の90%は、実家のある温泉王国の空気と水と環境で出来ていると言われたことがありますが、まさにそうだと。

方言、最高。


今回行った温泉が。
私が行く前に指定した温泉とは違い、私は初めて行った温泉で、ちょっと遠出になったのですが、ドライブには最適な場所だったし、何より別に私が運転するわけでないし、連れて行ってくれた幼馴染みにとっては何度も行った事のある場所だったので、ナビもせずにすみ、冷房も要らない爽やかな空気を感じ、大草原を堪能しながら、ノンキに歌なんか歌い上機嫌でその温泉に連れて行って貰ったワケです。

ただ、その温泉が…。
超が付くほど「硫黄」が凄まじく、濁り湯も良いところ…。しかも源泉は冷泉でそれを人工的に温めているってな変わった温泉で、まぁ、熱い温泉よりもヌルめの方が好みなので文句は1つも無かったし、「硫黄」が強い分、本当に効いている!てな感じが満載だったワケですが、

「あ…変色してもうた…」

お気に入りのシルバーの指輪が、銅色の指輪になっちまったのです。

勿論!外してロッカーに仕舞って入ったんですけども、それでも指輪は変色してしまって…。どんだけ威力があったんだと…。

翌日、シュウウ~ンとしている私に、幼馴染みは、

「行くぞ」

と、私をショッピングモールに連れ出し、指輪を買ってくれますた。


元々アクセサリーなんて殆どしないし、金属アレルギーでもあるので、貴金属には興味がないのですが、指輪だけは結構好きで、しかも中指に指輪をすると魔よけになると死んだバーサンが言っていたので、それだけはいつもしておったのです。

温泉効果である意味、この指輪もこれで良いんいゃなくね?とも思ったけど、キラキラ輝くショーケースを覗き込んでいるとどうしても銅色になった古ぼけたこの指輪が恥ずかしくなったし、新しいのが欲しくなる。

「どうしよう~」

滅多にこんな立派な貴金属コーナーにやってこない私は、ソワソワしながらあっちゃこっちゃ見ていたのですが、

「これなんて良くね?」

幼馴染みが指差したショーケースを一緒に覗き込むと、ちょっとゴツイシルバーの指輪が…。

まぁ、中指にする指輪を探しに来たし、小さな宝石が付いているような華奢なデザインよりゴツゴツした感じの方が好みでもあったので、ホゥホゥと見ていると、

「これ、トカゲがデザインされているんですよ~」

いつの間にか、目の前にキレーなオネーサンがやってきて説明してくれますた。

「ペアリングですし、彼氏さんとご一緒もステキですよ」

いや、彼氏ではないですから…ただのご近所さんですから…。

チラリみた私と同時に幼馴染みもチラリコッチを見ていてニヤリ、笑った。

「俺、コレが良いな。ちょっと嵌めてみても良いですか?」

私が言葉を発する前に勝手に話が進んで行き、結局は私も一緒にその指輪を嵌めていた。

「あ、良いんじゃなくね?」

オマエ、指輪なんかしないだろ?!

そう思いながらも、「コレ、素材なんですか?」とか聞いている私もアホだと思う…。


「ハイ、誕生日プレゼント」

結局…。自分も同じ指輪を買ってそれはそのまま嵌めた指で、小さな紙バックの紐を摘んで私に差し出した。

「…ありがと」


同じショッピングモール内にあるカフェで。
キレイなリボンをかけられたその小さな箱を開ければ、キラキラキレイなリングがチョンとあって、摘んで光に翳してみた。

「オマエのネーチャンはさ、ネックレスやらブレスレットやらが凄く好きなのに、オマエは全く興味がなかったよな~」

「今でも興味はないよ」

光に翳していたその指輪を左の中指に嵌めるとシックリと馴染んだ。

「だからネーチャンの誕生日プレゼントにアクセサリーを買うことはあったけど、まさかオマエの誕生日プレゼントにシルバーリングを買うことになるとは思いもしなかったな~」

「指輪は結構好きだよ」

銅色になって何だかとても肩身が狭そうにしている古ぼけた指輪を今度は光に翳しながら答えた。

「この指輪ね、昔、彼氏に貰ったものなんだよ」

「…へぇ~」

「この書かれている文字、何て書いているか知ってる?」

「しらねーよ。知ってたらこえーよ」

私は、それもそうだと思いながら

「フランス語で『夢は叶う』って書かれてあるんだよ」

「ふぅん…」


何度も何度も。

私はこの指輪のこの文字に救われてきた。辛い時や疲れた時はいつもこの文字を指で撫でてきた。

「これをくれた元彼は、再来月結婚をします」

そう言うと私はその指輪を右の中指に嵌めた。

「オメデトウゴザイマス」

「アリガトウゴザイマス」


家に帰ったら。
この指輪をこの箱に仕舞おう。


私の夢はまだ途中だけど、でももう大丈夫。今まで本当にありがとう。


明日からも戦場!

魔よけの指輪もリニューアル!邪気は跳ね返して思う存分戦ってそして、

定時で上がるぜよ!!

クンクン、待っててね~!!

勇者は明日、アナタに会いにゆきます!








PR
2009'08.19.Wed



←きらめき団2009spring開催中!!


level.48


TOPのチラシは…
一体、何を書いているのか!?詳細が知りたい方がいらっしゃいましたらば、ディジィ~かハルカさんまで。このチラシくれるよ。

とりあえず、コレは…
私が勝手に作った「チェコアニメ上映会」の、お知らせ&当日チケ付きチラシです。

ここ数年。
たった1人でウハウハ楽しんでいたチェコアニメ。何気に友人宅で半強制的にDVDを流しても、あまり食いつきが悪かったチェコアニメ。結局1人でウハウハしとくもんなんだと別に他人に強制するつもりもなく、映画があれば当たり前に1人で観に行っていた人間ですが、

ハルカさんと言う、もう私とデンパ数がピッタリ同じ!ってな方に運命的に出会ってしまい…。

この度、チェコアニメ上映会を開催することになったのです。巻き込んだディジィ~も、快くご協力してくれて…本当に有難う!ジュクイ!!(Děkuji:チェコ語で「有難う」と言う意味)


今回は。
小さなお子を持つハルカさんが、大好きなチェコアニメをユックリ観に行けない!と言う体験談より「小さなお子とママ」をターゲットにした小さな小さな上映会ですが、意外にも様々な人々から反響を頂いているようで…ディジィ~から嬉しい悲鳴を聞いて正直、驚きました。


是非とも沢山の人々に、このチェコアニメを知って欲しいって思う。別に好きになる必要はない。私だって日本のアニメーションが世界一!だと思っているんで。

ただ…
その神の域に達してしまっているようなハイテク日本アニメとは全く違った、色彩豊かででも素朴で単純なチェコアニメは、何かしら日本人の心に響くものがあると思う。

ってか、クルテク、マジ可愛いから(何か偉そうなことツラツラ並べておきながら結局はコレ…)


きらめき団同様、このチェコアニメ上映会も…。
これからもずっとずっと大切にしていきたい「団体」になれば、これほど嬉しいことはないな…と。

だって。
自分が興味を持ってそして実際に自分で体験し、そして続けていることを共感してくれ、そして良いと思ってくれる人がいるって…奇跡でしょ。



いつもグダグダ書いてホント自分でも引くわ~と思うんですが、仕事が辛い…あばば~。

いっつも何かしらどっかの部署と戦っている。もう、疲れますホントに。有り得ないから。

小さな民間企業出身の私からすると、同じ民間企業の癖にまるでお役所のような横着態度にマジむかっ腹。

大企業ってのは…こーゆーもんなんだと、いままで何度も何度も自分に言い聞かせながら、その理不尽さに耐えてきましたが、マジで疲れる。


この前。
そうしてバトルを繰り広げていた私は、1人残業になっちまったワケですが、

「俺、やっときますよ~」

と珍しくメガネがリーダーに申し出てこのチーム全体の最後のチェックやらで残っていた。

「お疲れ、スナさん。残業追加申請しなくて大丈夫?」

私の席に回って来た時、んなことを言っておりましたが、

「人生がツライ…」

カタカタPC打ちながらそう返事した私に、

「え?マジで?どんなとこが…?!」

「あ、いや…大丈夫、本気にしないでください。残業時間追加しなくて良いから手伝ってください」

「…追加して欲しい」

「え?マジで?どんなとこが…?!」

そっくりそのまま言葉を返せば心底嫌そうな顔をしましたが、それでも手伝ってくれますた。

「それにしてもさ、ホントマジでスナさん、何かの呪いがかけられてんじゃないの?」

自分の席でカタカタ私の仕事をしながらメガネは言った。

「…ええ、メガネの呪いです、コレ」

私も自分のPCをカタカタさせながらそう言い返せば、

「マジで呪いたくなるな…」

「でた、本音」

「それよりさ、もしかしたら大殺界なんじゃないの?!」

「ダイサッカイ?!」

何気に聞き返した私の言葉にメガネはPCを打つのを止め、絶句した。

「ちょ、もしかして六星占術知らないの…?」

「ロクセイ…?何スか、それ?」

「…っ!ちょ、こっち来なさい!」

面倒臭いな…。そう思いながらもメガネの席にトコトコ行けば、

「俺のだけど、これが六星占術」

何か単語がその日その日に書かれているカレンダーをPC上に開いた。

「…こんなん勝手にダウンロードしてんですか?」

「生き抜くための知恵だよ」

「意味分かんねーよ」

とにかく!とメガネは言うと、ペラペラとどっかの実演販売員並みの話術で私に六星占術について語ってくれますた。

「とりあえず…参考にはなるし、ネットで簡単に自分が何なのかは調べられるから是非オススメするよ」

「ふぅん…てか、こんなん好きな人だったってことに軽く引いてるんですけど…」

「…んじゃ、お疲れ!皆のチェックしといてね!」

「ちょ、待て!待ってください!1人にしないで!オネガイシマス!!」



占いとか…そんなんあんまり信じない人間なんですが、妙に説得力のあるってか、本当に流暢にイキイキと話していたメガネが印象的だったので、帰宅後、家のPCデンゾーさんで調べてみたんですが、自分が何星人なのかってのが分かった時点で、何かもう…面倒くさくなった。いちいちカレンダーでチェックすんのもな~。

占いってのは。
自分の人生をより良くするための参考になると思うし、知らないより知っている方が良いとは思いますが、でもその占いに無意識の段階で翻弄され束縛されてしまうって感じがしてどうしても好きになれません。

ちなみに…
私は土星人(-)ですた。ナニナニ~?土星人(-)の性格?!潔癖症で完全主義者。シロクロハッキリ!が基本…。

…なんか学級委員長タイプじゃね?「君!廊下を走ってはダメって生徒手帳第○項に書いているだろう!?」

みたいな。


自由奔放でマイペースってなB型の性格については納得せざるを得ないってな感じではありますが、でもこの星人占いの結果は…しっくりこない。

でも。
独創的で要領悪くて周りと上手くやっていけないってのは…合っている気がします…。

まぁそれに…自分の正義に関しては、シロクロハッキリ、キッチリカッチリってのは常識だと思うしな~…(サイテーだな)

私がいつもカッと熱くなってしまうスイッチが入ってしまう時、それは全て、仕事上で矛盾したことや、理不尽なこと…曖昧な、アンニュイな、あやむやなことに対して。

今日も。
さっき言った事と今言った事が矛盾した電話の相手に「人間失格!ミジンコからやりなおせ!」と、

言ってはいないけど、心の中で叫んだ…。



だから何なんだってなことですが、まぁ~「自分を知る」ってことの1つの参考としてはなるなと、生まれて初めて六星占術と言うものを知ったスナです。



少しでも参加してくれる人々にワクワクドキドキの非日常的気持ちを感じて欲しい。

そんな思いで最初に書いた「チェコアニメ上映会」のチラシは生まれました。

大した出来ではないのですが、それでも少しでも何かしら「特別な気持ち」を、今回このチケ付きチラシを受け取った方々が感じてくれたらな…と。「特別な日」として上映日を待ってくれてたらな…と。


こーゆーところは独創的で1人でする仕事に向いていますってなのにも当てはまるかも…な。



だから何だって話ですけどもね。





[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
«  BackHOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]