忍者ブログ

cesta 07

かいしんのいちげき

2018'11.15.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'09.14.Sun
level.45


萩博物館→鍵曲に行きますた。

萩の博物館かぁ。偉人が一杯いるから、んな博物館なんて立てられんだ。

ズラリ並んだ偉人らの写真パネルを見ながら思いますた。


その中でも、高杉晋作と吉田松蔭についてはコーナーが設けられており、それぞれビデオ放映も有。


高杉君の奥様がインタビューに答えておられますたが、

「高杉は殆ど外に出ており、しかも29で死んだので良く知りません」

みたいなことを言ってたのが苦笑。

奥様可哀相です。街1番のベッピンさんと結婚して家庭を持てば少しは落ち着くだろう…なんぞの理由で高杉家に嫁がされ、その肝心の夫はどっかフラフラしてあっという間に勝手に死んじゃった。みたいな。


松蔭先生は…
意外に字が汚くてビックリした。

司馬遼太郎の世に棲む日日でも松蔭先生は突拍子が無くオイオイとツッコミ甲斐がありましたが、約五年でほぼ全国を回ったとか、1年で600冊以上の本を読んだとか、手紙も何百通も出したとか、なんか…やること極端過ぎだよ。


最後の最期も。
今から処刑!と申し渡りがあった時に辞世の句を読んだ訳ですが、1文字足りなくて途中に「、」を打ったと言う…

オイィィィー


ま、そんな先生との触れ合いで今、松蔭先生バスで松蔭神社に向かっとります。



PR
2008'09.14.Sun
level.45


おはよーごぜーます。

朝食も頼んでたので食べに行ったら仕事で出張中のビジネスマンらしき人と一緒になり、支度をしているおばちゃんと三人でテレビ見ながらモリモリ食べてたら、徳さんの番組でしんみり感動ものやってて三人で涙ぐみますた。

そんな出だし…。


さあ、今日も張り切って行くぜよ!


今日もチャリにしようかと思ったけど疲れが抜けなくて本日はぐるーりバス利用へ変更…

無理はしない。歳には従順に。


この萩循環バスは、西周りの「晋作くん」と東周りの「松蔭先生」の2ルートがあります。


帰りの出発時間から逆算し、綿密にチェック。

なにせ、30分に一本しかないからー。晋作くんも松蔭先生もーっ


そうすっと…
うわっ!もうチェックアウトしないとーはわわーと言う時間だったのでドタバタチェックアウト。

壁が超薄くて、早朝から朝食の準備かなんかでめっさうるさくてあんまり眠れなかったけど、優しくてフレンドリーなおばちゃんばっかのこの宿は便利も良くて良かったです。今度は耳栓持ってくっからよ。


午前は西周りの晋作くんで、午後は松蔭先生ー!


つうか。

恒例?のトランクチェック!ですが、なんか間違い探しみたいになってる。


捨てられない…



[1] [2] [3] [4] [5] [6
«  BackHOME : Next »
profil
HN:
suna
HP:
性別:
非公開
kritika
[01/07 danna]
[08/12 える]
[02/19 ちか]
[02/15 える]
[01/12 える]
[11/16 ちか]
[11/14 きのきの。]
[11/11 みち]
[11/11 kotomi]
[11/11 ゆきんこ]
svobodný
































cesta 07 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]